アニメ「ジビエート」有名どころを集めて堂々始動!だが・・・

思考流星群

流星のように光っては消える考えやアイデア、出来事などをブログに書き綴ってみようという試み

アニメ「ジビエート」有名どころを集めて堂々始動!だが・・・

2020年08月01日 01時17分

[マンガ・アニメに関する話題]

男性
ついにジビエートが始まったよ!
女性

ジビエ料理?
 
男性
ノンノン!「ジビエート」というのは話題のアニメーション作品だよ。 キャラデザはファイナルファンタジーなどでもおなじみの日本が世界に誇るイラストレーター天野喜孝!
これだけでも期待度爆上げだよ!
 
女性
あー、知ってます!
有名な人ですよね。すごい作品ってことですよね!
男性
さらに音楽にはルナシーのSUGIZOやら三味線の吉田兄弟、大黒摩季など大物ぞろい
女性
お金かけてますねー!
こりゃ超大作ってことですね
男性
と、思うじゃん?

新型コロナの影響で7月放送開始が危ぶまれていた話題のアニメ「ジビエート」が始まりました。

大物有名人をスタッフに迎え、中国・アメリカと海外の視聴者も最初からターゲットに入れ、事前のプロモーションにも力を入れていたため、期待しているアニメファンも多かったことでしょう。

期待度を上げに上げ、ついに放送開始・・・!
さて、その実態は・・・!?

3話目まで見た上で、現時点での感想を書きます。

ひどい脚本、ダサイ演出、なんじゃコリャ!?

鳴り物入りで始まったジビエートですが、実態はヒドイものでした(TT

江戸時代のサムライとニンジャが荒海を小舟で島流しになっている最中に嵐にあってタイムスリップ!

で、タイムスリップ先は2030年。
ウイルスにより人間がバケモノになってしまう奇病が蔓延し、人間自身が襲われている。
そのバケモノをジビエートと呼んでいました。

まあ、普通江戸時代の人間が現代に来た時点で大混乱でしょうし、第1話は混乱の内に終わるのかな・・・と思ったら話はスピーディーに展開しますw

出会った人(ヒロイン)に「どこから来たの?」と聞かれた主人公のサムライ。
「江戸だ」と答えるとヒロインは「スゴイ!お侍さん!?タイムスリップしてきたの?」とマサカの超絶順応!
まるで日常的にタイムスリップしているような言い草です。
そして「これが未来の江戸・・・俺たちは何のために戦っていたんだ・・・」とサムライも超絶順応!

なんて脚本だ・・・

おまけにヒロインと同行していたオッサンはサムライに興奮し「そうだ!ボク、家に刀があるよ!持ってくるね!」といって駆けだす。。。
家に日本刀があるんか。。。
しかもジビエートが跋扈している街をウキウキと一人で駆けていく・・・

なんて脚本だ・・・

おまけにアクションも剣技の動きを研究しつくした・・・ものとは到底言えない、安っぽい動き・・・
作画もなんだかよくないぞ・・・
 

キャラデザ、天野喜孝だよね!?

キャラクターデザインはあの天野喜孝、の、はず・・・

なのに、なんでだろう。
違う・・・


これがキャラデザ段階の主役。


これがアニメ作中の同一人物。

アレ!?
あれだけ金を掛けたプロモーションをしたのに、肝心のアニメ制作に金がかかっていない!?
作画は悪いし、動きも悪い。
アクションもカッコ悪い。
え?
なにこれ!?


 

海外を意識しすぎ?というか日本人ファンは無視!?

率直に言うと、外国の方に「オー、サムライ!ニンジャ!アメージング!」と言ってもらえればOK!っていう話の作り方に思えます。

目の肥えた日本のアニメファンは「は?」って感じです。

東京から長野への移動に、ビルの屋上のヘリポートのヘリが使えないかという展開になった際、別のビルの屋上に人が倒れているのを見つけます。

「助けに行こう!」という展開までは、まあ分かります。

パイロット「ヘリに乗れ!?」
え?助けに行くんじゃないの?

飛び立つヘリ。
パイロット「倒れている人の横のスペースに着陸する!」
えー!ヘリポートじゃないただの屋上に着陸したら床抜けない!?

倒れていた人物もタイムスリップした人物のようだ。
意識を取り戻して立ち上がった姿は僧侶。
しかし、僧兵とはいえ、ものすごくゴツい!
正直自分だったら、コイツを助けて大丈夫か!?と戸惑うレベルの外見w
ヘリは僧侶のいるビルに近づく。

しかしまた別のビルにジビエート!
ぶっとい糸を吐き出すと、見事にヘリの脚に絡みつく!

ニンジャ「クソ!」
そう言って懐からワイヤーを取り出し、ヘリから飛び出す!
おお、ワイヤーで糸を切断するのか?
と思ったら、ぶっとい糸にワイヤーで手りゅう弾を括りつけていた!
えー!ニンジャだよね!?

しかし、完全には切断できてなかった!
ヘリは依然危険な状態だ!
するとニンジャ、おもむろに屋上の僧侶に「おーい」と声をかけ「これを頼む」とヘリからロープを投げる。
受け取る僧侶。
ニンジャ「引いてくれ!」
僧侶「心得た!」
なんだ!?この展開は・・・
何をしようというんだ!?

ヘリの同乗者「今だ!」
え? え? 何? 何をするの?
「飛び降りろ!!」
飛び降りるんか~~~い!ww

しかも僧侶がひいてくれてるロープを伝って下りるのかと思いきや、迷わず真下に飛び下りる人々。
何だか垂直落下みたいにヒューって落ちるが、全員無事に屋上に着地。
もうリアルに描くのがめんどくさかったんだろうな、と思えるレベルの動きでした。

いや、飛び降りたのは全員じゃなかった、ニンジャはヘリに残って操縦桿を握っていました!死ぬ気か!?

ニンジャ「操縦なんてできないが、お前(ジビエート)に向かって墜落させることくらいはできるぜ!」
って、それスゴイ操縦技術じゃない!?

もう終始こんな感じでツッコミどころが満載。
もう、笑えるアニメ、ギャグとして見た方がいいレベルかも。
 

これ、世界展開するの・・・?

正直、熟練の日本のアニメスタッフが本気で作ったアニメとは思えません。
作画を単価の安い海外に丸投げして、送ってきた原画をノーチェックでアニメにしたような出来栄え。

これを日本の優秀なスタッフを終結して作った作品として世界に展開する・・・?

うわぁ、やめて欲しい。。。

去年「鬼滅の刃」のアニメが素晴らしい出来栄えで称賛を浴びたのを、この作品の制作陣も見ているはず。

なぜ作品自体にもっと拘らなかったのか・・・
正直、ベースとなるストーリーは同じものでも、脚本や演出、アクションへのこだわり、徹底した美しい作画、などで格段に良い作品にすることは可能だと思います。

展開は超絶ご都合主義。
演出はダサイし、セリフ回しもヘン。
そして作画崩壊とまではいかないけど低品質の作画。

プロモーションに力を入れ過ぎて、本編がクソ(下品で失礼!)。
「本末転倒」を辞書で引いたら「ジビエート」と書かれていそう。

ここまでクソミソに書きましたが、ではもう観るのをやめる?
いやいや、ここまでツッコミがいがある作品は久しぶりなので、1周回って来週が楽しみになりましたw

逆に4話目からメチャ面白くなったらガッカリするかもしれません^^;
 

【#関連ワード】
#ジビエート#面白くない



▲ ページトップ